クオレ大島はりきゅう院整骨院、江東区、はり、きゅう、鍼灸マッサージ、スポーツマッサージ・コンディショニング、美容鍼灸、訪問治療、訪問マッサージ
クオレおおじま オフィシャルサイト
診療時間
お知らせ コラム リンク お問い合わせ
ごあいさつ 当院の紹介 治療案内 交通事故 訪問治療 料金&取り扱い スタッフ アクセスマップ
HOME コラム Cuore日和〜院長日記〜 1.2012年・年始のご挨拶
Cuore日和〜院長日記〜
4.2014年・年始のご挨拶
3.2013年・年始のご挨拶
2.江東区鍼灸マッサージ師会 懇話会(新年会)に参加して
1.2012年・年始のご挨拶
RUN&run&ラン♪ 〜ランナー向けコラム〜
スタッフコラム
 
Cuore日和〜院長日記〜  
1.2012年・年始のご挨拶
 新しい年を迎え、無事に年を越せたことにホッとしている間に半月が経ち、年始のご挨拶が遅くなりました。
昨年の、あの忘れることのできない東日本大震災から年が変わり、今年こそは元気に笑顔で過ごしたい・・・、そんな当たり前でありながらも大切な思いがいつとなく、強く湧き出てきます。

2012年辰年、皆さんはどのような年を迎えていらっしゃいますか。
クオレは昨年9月に開院して、初めてのお正月を迎えました。
クリスマス飾りからお正月飾り・・・何もかもが初めてで、毎年同じ行事のはずなのに、とても新鮮な毎日でした。
この大島という地でまた新たな方々と出会い、必要とされる喜びを改めて実感しています。
 
 私個人としては、昨年夏にフランスのリールで行われた陸上競技の世界ユース大会にトレーナーとして帯同させて頂く機会に恵まれ、新たに陸上競技の強豪高の先生方や選手達と出会うことができました。

また、年末にはトレーナーをしている母校が全国高校駅伝に出場したため、京都へも帯同してきました。
世界ユース大会、全国高校駅伝に出場した選手達は共に同年代、そして実力的にもそう大差はありません。しかし、ここぞ!という時に実力がはっきできるかどうかには勝敗を分ける大きな差があります。陸上競技は球技などの団体スポーツとは異なり、自分のレースに際してウォーミングアップなどは時間・内容すべて自分で考え、1人で行ないます。
ある意味、その時点から闘いは始まっているのです。
世界ユース大会ではウォーミングアップ時の、実に様々な精神集中方法を見ることができました。アップの時間を忘れているのではないか、とこちらが心配になるほど1時間も前からテント内のシートに横たわったままの選手・・・、普段と何一つ変わらずおしゃべりをしながらアップに向かい、次にテントにスパイクを取りに来た時には本当に同じ人かと疑うくらい鋭いオーラを発していた選手・・・。
共通して言えることは皆、自分の世界に集中して“落ち着いている”ということでした。
結果も入賞はもちろん、世界大会という大きな場で、多くの選手が自己記録を更新していました。きっと彼らは日頃から自分なりの集中方法を編み出し、それを繰り返し行なっているのでしょう。
大リーグのイチロー選手も試合前には必ず決まったルーティーンがあると聞きます。
よく“平常心”という言葉を耳にしますが、大舞台においてまったく緊張などしない、という選手はそういるわけではないと思います。
いかに日頃の練習からレースをイメージして取り組めるか、いざ不安を抱えた時にどのように対処するか、選手自身ができること、トレーナーとしてできることを明確にして今後の課題としていくつもりです。

このような経験ができたのもいろいろな方との出会いのおかげであり、単なる偶然ではなく、必然であると感じました。そしてその出会いや縁が人を豊かにし、人生をより良いものにしてくれる、と信じています。

私の好きな相田みつをさんの言葉に、次のようなものがあります。
「あなたに出逢えてよかった 
一人でもいい 
そう言ってくれる人があれば」

私達は、治療院やトレーナーの現場で出会う一人ひとりの身体・心と向き合っています。その訴えは様々であり、良くなっていく過程も異なります。
だからこそ治療やケアは自己満足ではなく、その人にとっての適切な治療方法や刺激量、必要なアドバイスなどを専門家として的確に施すこと、その繰り返し・積み重ねが私達に課せられた役割なのではないか、と思っています。

長年五十肩に悩まされていた患者さんに、肩の治療だけではなく身体全体のバランスをとるためにも運動習慣をつけること、そして肩関節周囲の筋力トレーニングをすることなど実際にいくつかの項目もアドバイスをしていました。しかしご年配ゆえかなかなか1人では行動を起こせずにいらっしゃいました。アドバイスから数ヶ月経った頃、その悩みを知ったお嬢さんの誘いをきっかけにトレーニングをされるようになってからはみるみるうちに肩の動きも良くなり、気持ちの上でも楽になった、とおっしゃっていました。

鍼灸治療は魔法ではなく、残念ながら万人そしてすべての症状に万全なわけでもありません。ただ、「痛みから解放されたい」「もっと楽になりたい」などの想いを実現させ、心身共に良い状態でいられるきっかけになれれば・・・、そう願っています。
そして「出逢えてよかった」そう思って下さる方が一人でも多くなって欲しい、そんなクオレでありたい、と思っております。

マラソンで言えばまだスタートしたばかりのクオレですが、その途中でいろいろな方と出会い、それぞれの方の目的・目標に応じた伴走ができるよう、スタッフ一同精進して参ります。
 
本年もクオレを、何卒宜しくお願い申し上げます。
2012年1月17日
               クオレ大島はりきゅう院 院長 荻巣 亜希子
ページTOPへ移動
株式会社 Cuore 〒136-0072 江東区大島6-9-12 アプツ大島1F TEL : 03-5858-9098
Copyright(C) 2011 cuore-ojima.com. All Rights Reserve.