クオレ大島はりきゅう院整骨院、江東区、はり、きゅう、鍼灸マッサージ、スポーツマッサージ・コンディショニング、美容鍼灸、訪問治療、訪問マッサージ
クオレおおじま HOME
お知らせ コラム リンク お問い合わせ
ごあいさつ 当院の紹介 治療案内 交通事故 訪問治療 料金&取り扱い スタッフ アクセス・マップ
HOME 交通事故 C 慰謝料と休業補償
交通事故
@交通事故に遭ってしまったら
A交通事故の主症状
B治療の流れ・治療内容について
Dクオレ(院長)より一言
Dクオレ(院長)より一言
一般的に交通事故の加害者は被害者に対して、慰謝料を支払うことが一般的です。
交通事故の傷害による慰謝料は、入院・通院の月数に基づいてある程度定額化されているため、施術期間や施術日数が重要な基準となっています。
被害者は自分が元の生活に戻れるだけの施術費と慰謝料を請求できるようになっています。
症状が改善されるまで、通院が可能です。

慰謝料とは、交通事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事です。
1日4,200円が支払われます。
また、ひき逃げに遭われたり、相手側が保険未加入の場合でも、特別な補償制度もあります。
事故の場合、あなたの健康保険は使用しませんが手続き申請後、使用することも可能です。

慰謝料の対象になる日数は「治療期間」と「実治療日数」によって決まります。

 治療期間 治療開始から治療終了日までの日数 治療期間×4,200円
 実治療日数 実際に治療を行なった日数 (実治療日数×2)×4,200円

2つのうち、どちらか少ない方が該当します。
<休業損害費について>
休業損害とは、交通事故によるケガや通院などで働けなくなり、得られなかった所得のことです。
自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。
また、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。
ひとことで休業損害といっても、被害者の所得によって計算方法が違いますので注意してください。

1.給与所得者の場合
過去3ヶ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3ヶ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)

例)9月22日に事故発生 給与締め切り 月末

給与については、各種手当、残業手当等を含む

  6月 給与総額 300,000円
  7月 給与総額 318,000円
  8月 給与総額 282,000円
  合計       900,000円

  900,000÷90日=10,000円(日額)
  認定休業日数 9月22日〜10月31日(40日間)

  休業損害額⇒10,000円×40日= 400,000円

2.パート・アルバイト・日雇い労働者
日給×事故前3ヶ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します。)
例)9月22日に事故発生 給与締め切り 月末

食費、交通費手当を含む 日給10,500円

  6月 就労日数 18日
  7月 就労日数 23日
  8月 就労日数 19日
  合計 60日


  10,500円×60日÷90日=7,000円(日額)
  認定休業日数 9月22日〜10月31日(40日間)

  休業損害額⇒7,000円×40日=280,000円

3.家事従事者
家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

4.事業所得者
事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。

 ・交通費
 公共交通機関(電車・バス)かタクシー、有料駐車場、自家用車のガソリン代などが対象になります。
<自賠責基準>
自賠責保険からの怪我の慰謝料は、通院期間に1日に対して4,200円の定額と決まっています。
ただし自賠責からの怪我に対する支払いは上限が120万までと決められていますので、治療費や休業損害など、慰謝料以外の支払いを合算して120万を超えると、120万を超える部分については自賠責からは支払われません。
この場合、保険会社は自賠責の基準での慰謝料計算を行いません。
1日4,200円の支給の根拠となる「通院期間」の認定についてはルールが定められており、事故から治療終了までのいわゆる「総通院期間」と、実際に通院した日数である「実通院期間」の2倍の日数のどちらか少ない日数を「通院期間」として認定することとされています。
例えば総通院期間が180日、実通院期間が60日である場合は、180日>60日×2(120日)ですので、少ないほうの120日が通院期間として認定され、総通院期間が同じく180日、実通院日数が100日であれば、180日<100日×2(200日)なので、少ないほうの180日の認定となります。
つまり、「総通院期間を限度として、実通院日数の2倍を通院期間として認定する」取扱いになります。
これは、交通事故の怪我の治療は2日に1回程度は通院して、可能な限り早急に治癒に努めることが被害者の損害拡大防止義務により求められると考えられているためで、2日に1回通院していない場合は実際の総通院期間からは減額されることになるのです。
ページTOPへ移動
株式会社 Cuore 〒136-0072 江東区大島6-9-12 アプツ大島1F TEL : 03-5858-9098
Copyright(C) 2011 cuore-ojima.com. All Rights Reserve.