クオレ大島はりきゅう院整骨院、江東区、はり、きゅう、鍼灸マッサージ、スポーツマッサージ・コンディショニング、美容鍼灸、訪問治療、訪問マッサージ
クオレおおじま オフィシャルサイト
診療時間
お知らせ コラム リンク お問い合わせ
ごあいさつ 当院の紹介 治療案内 交通事故 訪問治療 料金&取り扱い スタッフ アクセスマップ
HOME 治療案内 【よくある症状・治療例】 年代別症状 働き盛りの方に多い症状 急性期の首・腰の痛み(寝違え・ぎっくり腰) 寝違え(急性頚椎症)◆
【治療の流れ】
【よくある症状・治療例】
●年代別症状

働き盛りの方に多い症状
OAストレス障害
急性期の首・腰の痛み(寝違え・ぎっくり腰)
 
寝違え(急性頚椎症【きゅうせいけいついしょう】)◆
ぎっくり腰(急性腰椎症【きゅうせいようついしょう】)◆
ご年配の方に多い症状
五十肩
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
変形性膝関節症
学生(成長期)に多い症状
骨端症
側弯症
子供に多い症状
肘内障
●季節別症状
●女性特有症状
【美容鍼灸】
【カイロプラクテッィク】
【ボディケアプログラム】
 
【よくある症状・治療例】  ●年代別症状
働き盛りの方に多い症状
【急性期の首・腰の痛み(寝違え・ぎっくり腰)】
◆寝違え(急性頚椎症【きゅうせいけいついしょう】)◆
【寝違えとは】
首から肩、肩甲骨周囲に急に痛みが出現し、首の動きが制限された状態を指します。
大部分は、睡眠中の不自然な姿勢による首・肩の筋緊張が原因で起こり、これらの起因としては首や肩周りの凝りや精神的ストレスや気温差などが挙げられます。
【原因】
 ・睡眠中の不自然な姿勢  ・枕の高さが合わない ・首や肩の冷え ・ストレスにより身体が緊張している  など
【症状】
 ・首がまわらない ・動かすと首や肩にかけて痛みが走る ・後ろを振り向くことができない
【治療】
患部やその周囲の痛みのほか、動作を変えるとき(体位変換時)にも強い痛みを感じる。
《動作の制限》
■痛みが出た当日の場合■
<ねらい>
患部の熱感を取り除き、筋肉の過緊張を和らげる
痛みと動きの制限を取り除く
<治療方法>
 患部は、炎症症状を取ることを目的に鍼治療を行います。その他は、首の動きに関連する肩甲骨周辺の筋緊張を取り、痛みにより制限された首の動きを早期に改善します。
鍼により、炎症を鎮めて痛みを緩和させる
【首から肩への鍼治療】
カイロプラクティックで首・背中の骨を整え、首から肩にかかる負担を軽減させる
(※痛みの出ている筋肉をゆっくり伸ばしてから、カイロを行います)
【※頚椎(けいつい)へのカイロプラクティック】 
※頚椎(けいつい):首の骨
首の動きを出すために、肩甲骨の動きを滑らかにする
【肩甲骨の運動療法】
■症状を繰り返し起こしている場合■
<ねらい>
同じ姿勢や反復動作による首や肩への負担を軽減する
首をかばうことで起きる、肩や背中の緊張を和らげる
<治療案内>
 首から肩、背中にかけての緊張を取るために鍼治療を行います。また、肩甲骨周辺の緊張も和らげ、首の動きをスムーズにします。
首の動きに関連する肩甲骨周囲の筋肉を和らげるために、鍼通電(鍼パルス)を行なう 首から背中の筋肉を柔らかくするために、ストレッチを行う
【首から背中への鍼パルス治療】 【首のストレッチ】
 【自宅で簡単セルフケア】
 寝違えの要因には、長時間の同一姿勢や姿勢不良(いわゆる「猫背」)などが挙げられます。そのため、1)首・肩から背中へのストレッチ 2)体幹のトレーニングを行い、首から背中の負担を和らげて正しい姿勢を維持できるようにしていきます。
 1)首から背中のストレッチ
首(後面)から背部にかけてのストレッチ : 背筋は真っ直ぐに保ち、首だけを前に倒すよう意識して頭を下げる。
  後頭部から首が伸びているのを感じたら、15秒キープ。
ドッグ&キャット:1)上半身を丸める、2)上半身を反らす動作をゆっくりと交互に6回ずつ行う。
         ★1)の動作時は、おへそをのぞきこむようにして背中を丸めましょう。
         ★2)の動作時は、肩甲骨を背中に引き寄せるように意識して行いましょう。
2)体幹トレーニング:四つ這いになり、右手は前へ・左足は後ろへと伸ばす。この姿勢を10秒間
キープする。再び四つ這いに戻り、手足を反対側に変えて同様の動作を行う。
(×5セット)
★おへそに力を入れて、姿勢を保持しましょう。
ページTOPへ移動
株式会社 Cuore 〒136-0072 江東区大島6-9-12 アプツ大島1F TEL : 03-5858-9098
Copyright(C) 2011 cuore-ojima.com. All Rights Reserve.