クオレ大島はりきゅう院整骨院、江東区、はり、きゅう、鍼灸マッサージ、スポーツマッサージ・コンディショニング、美容鍼灸、訪問治療、訪問マッサージ
クオレおおじま オフィシャルサイト
診療時間
お知らせ コラム リンク お問い合わせ
ごあいさつ 当院の紹介 治療案内 交通事故 訪問治療 料金&取り扱い スタッフ アクセスマップ
HOME 治療案内 【よくある症状・治療例】 年代別症状 働き盛りの方に多い症状 急性期の首・腰の痛み(寝違え・ぎっくり腰) ぎっくり腰(急性腰椎症)◆
【治療の流れ】
【よくある症状・治療例】
●年代別症状

働き盛りの方に多い症状
OAストレス障害
急性期の首・腰の痛み(寝違え・ぎっくり腰)
 
寝違え(急性頚椎症【きゅうせいけいついしょう】)◆
ぎっくり腰(急性腰椎症【きゅうせいようついしょう】)◆
ご年配の方に多い症状
五十肩
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
変形性膝関節症
学生(成長期)に多い症状
骨端症
側弯症
子供に多い症状
肘内障
●季節別症状
●女性特有症状
【美容鍼灸】
【カイロプラクテッィク】
【ボディケアプログラム】
 
【よくある症状・治療例】  ●年代別症状
働き盛りの方に多い症状
【急性期の首・腰の痛み(寝違え・ぎっくり腰)】
◆ぎっくり腰(急性腰椎症【きゅうせいようついしょう】)◆
【ぎっくり腰とは…】
 腰や臀部(【でんぶ】=おしり)にかけて急に痛みが出現した状態をいいます。
これは、1)関節に由来する痛み(腰の関節を捻ったことで炎症を引き起こした)と 2)筋肉に由来する痛み(筋肉を伸ばしたことや微細な筋断裂をしたことで炎症を引き起こした)の2つに大きく分かれます。
 ぎっくり腰は、別名「魔女の一撃」とも言われます。これは腰を「グキッ」と痛めた瞬間のことを「魔女が魔法で攻撃した」ことに例えられたことが由来とされています。ここから、この一瞬の痛みの後に起こる痛みを「魔女の一撃」と言われるようになりました。
【原因】
・腰や臀部にかけての慢性的な痛み、筋緊張、冷え
・腰への強い外力
:中腰で重たいものを持ち上げようとした、無理な姿勢から急に腰を捻った など
【症状】
・腰や臀部にかけての激しい痛み、脱力感(力が入らない)
・痛みによる動作の制限
:背筋が伸ばせない、痛みで動作を変えること(立ち上がり・寝返りなど)が困難  など
【治療】
■痛みが出た当日の場合■
<ねらい>
患部の炎症を取り除き、鋭い痛みを和らげる
患部をかばうことで起きる、臀部や下肢の緊張、腰の関節の硬さの改善
<治療方法>
 患部は、炎症症状を取ることを目的に鍼治療を行います。その他は、筋緊張を和らげ、痛みによって硬くなった関節の動きを引き出すようアプローチすることで、安静期間をより短くし早期回復を促します。
鍼により、炎症を鎮めて痛みを和らげる
【患部への鍼治療】
《カイロプラクテッィク》を行い、痛みを軽減させる
【腰椎へのカイロプラクティック】
腰に関連するツボへ鍼を行い、遠隔部からも痛みを取り除く
【下肢への鍼治療】
■症状を繰り返し起こしている場合■
<ねらい>
同じ姿勢や反復動作による腰や背中への負担を軽減する
腰をかばうことで起きる背部や臀部の緊張を取り除く
<治療方法>
腰、背中、臀部の筋緊張を取るために鍼治療を行います。そして、再発を予防するために腰や股関節の動きを滑らかにするようストレッチなどやセルフトレーニングの指導も一緒に行います。
腰から背中の筋肉(脊柱起立筋)を和らげるために鍼通電(鍼パルス)を行う 股関節の動きをスムーズにするために、ストレッチを行う
【背中から腰への鍼パルス治療】 【股関節周囲のストレッチ】
 【自宅で簡単セルフケア】
ぎっくり腰の要因として、姿勢や腹筋の低下が挙げられます。そのため、背中から腰、股関節周囲のストレッチや腹筋を行うことで、腰への負担を軽減させていきます。
腰背部のストレッチ:丸めたタオルの上に首から腰を乗せるように仰向けに寝て、腕を上に伸ばす。
           腕が伸びきったところで15秒間キープする。
股関節周囲筋のストレッチ:長座をして手を後ろにつき、左足を右足の上に乗せる。
右膝をゆっくりと曲げていき、左のお尻が伸びているのを感じたら15秒間キープする。姿勢を戻し、反対側も同様に行う。(×3セット)
腹筋トレーニング
・ヒップリフト:仰向けに寝て、お尻を上げる。膝・骨盤が水平になったところで10秒間姿勢をキープする。(×5回)
★姿勢を保つとき、お尻を引き締める&おへそに力を入れることを意識しましょう。
★腰を反らないように意識しましょう。
※NG姿勢※ 
腰を反りすぎていたり、お尻を下げすぎている姿勢は、腹筋・臀部の筋肉に力が入りません。
・膝さわり腹筋:仰向けに寝て、指先が膝に触れるように上半身をゆっくりと起こしていく。
指先が膝に触れたら、この姿勢を5秒キープ。(×5回)
★おへそに力を入れるようにして、上半身を起こしましょう。
ページTOPへ移動
株式会社 Cuore 〒136-0072 江東区大島6-9-12 アプツ大島1F TEL : 03-5858-9098
Copyright(C) 2011 cuore-ojima.com. All Rights Reserve.