クオレ大島はりきゅう院整骨院、江東区、はり、きゅう、鍼灸マッサージ、スポーツマッサージ・コンディショニング、美容鍼灸、訪問治療、訪問マッサージ
クオレおおじま オフィシャルサイト
診療時間
お知らせ コラム リンク お問い合わせ
ごあいさつ 当院の紹介 治療案内 交通事故 訪問治療 料金&取り扱い スタッフ アクセスマップ
HOME 治療案内 【よくある症状・治療例】 年代別症状 ご年配の方に多い症状 変形性膝関節症
【治療の流れ】
【よくある症状・治療例】
●年代別症状

働き盛りの方に多い症状
OAストレス障害
急性期の首・腰の痛み(寝違え・ぎっくり腰)
 
寝違え(急性頚椎症【きゅうせいけいついしょう】)◆
ぎっくり腰(急性腰椎症【きゅうせいようついしょう】)◆
ご年配の方に多い症状
五十肩
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
変形性膝関節症
学生(成長期)に多い症状
骨端症
側弯症
子供に多い症状
肘内障
●季節別症状
●女性特有症状
【美容鍼灸】
【カイロプラクテッィク】
【ボディケアプログラム】
 
【よくある症状・治療例】  ●年代別症状
ご年配の方に多い症状
変形性膝関節症
【変形性膝関節症とは】
関節の変形と関節軟骨のすり減り(摩耗)によって起こる膝の痛みや運動制限などが見られる症状を言います。
また、太ももを中心とした脚全体の筋肉が硬くなり、筋力が低下する傾向があります。
【原因】
・加齢による膝関節の変形 ・関節軟骨のすり減り
【症状】
・膝の痛み :特に歩行、立ち上がり、階段昇降時に痛みが強く感じる
・膝の運動制限 :膝を深く曲げ伸ばすことができない、正座が困難  など
 
※膝が腫れて痛みが強い場合は、患部に※水が溜まっていることが考えられます。(※水:身体の組織液)そのため病院での診察・治療が必要と判断した際は、近隣の整形外科へ診察を依頼する場合もあります。
【治療】
■膝が腫れて、痛みの強い場合■
<ねらい>
膝の炎症・痛みを軽減させ、曲げ伸ばしをスムーズに行えるようにする
膝周りの筋肉(太もも、ふくらはぎ)の筋緊張を取り除き、膝関節の動きを滑らかにする
<治療方法>
患部は、腫れと痛みを取ることを目的に鍼治療を行います。患部以外は、太ももやふくらはぎの緊張を和らげ、膝への負担を軽減させていきます。
※痛みや腫れが強い時は、安静を要します。そのためこの時期は患部を避け、膝周りから鍼をして痛みや腫れを和らげる治療を行います。
痛みを和らげるために、膝の関節周囲に鍼灸を行う。
【膝関節周囲への鍼灸治療】
鍼通電(鍼パルス)で膝の裏やふくらはぎなどの緊張を和らげて、膝周りの血行を促す。
【膝の裏やふくらはぎへの鍼パルス治療】
■歩行、階段昇降などの動作がやりにくい場合■
<ねらい>
軽度の変形の場合は、関節調整を行って膝の動きをスムーズにする
膝を支えている太腿の緊張を和らげ、過重、屈伸動作時の負担を軽減させる
<治療方法>
 膝への負担を軽減させるために、鍼治療やマッサージ、カイロプラクティックを組み合わせて行い、膝関節やその周りの筋緊張を和らげていきます。
太腿の筋肉をほぐして、膝の屈伸動作をやりやすくさせる
【太もも前面のマッサージ】
太ももとすねの骨の軸を真っ直ぐになるよう関節矯正をして、膝の痛みを除去する
【膝の関節矯正】
膝をサポートしている太もも前面の筋肉の過度な緊張を和らげる 
【太もも前面への鍼パルス治療】
【自宅で簡単セルフケア】
脚の筋力や柔軟性の低下は膝関節への負担を高め、痛みが起こりやすくなると共に更なる変形の進行を助長させることにもつながります。そのため、脚のストレッチと筋力トレーニングで太ももを強化することが大切です。
※注意点※

・膝の痛みと腫れが強い時期には無理をせず、症状が落ち着いてから行いましょう。
・膝の痛みが出ない範囲で行いましょう。
・力を入れる際は、呼吸を止めず、ゆっくりと呼吸をしながら行いましょう。
1)太もも前面のトレーニング1
:膝の後ろに丸めたタオルを置く。
 タオルを膝の裏で押しつぶすようにしながら膝を伸ばし、伸びきったところで5秒間キープする。
 これを5回繰り返す(×2セット、健側は1セット)。
★膝への負荷が少ない方法です。痛みや腫れが引いた直後は、まずこのトレーニングを行いましょう。
 ※正しいやり方※
太ももの内側の筋肉を意識しながら行いましょう。
太ももの筋肉に力が入っていない状態  太ももの筋肉に力が入っている状態
2)太もも前面のトレーニング2
:椅子やベッドの上に座り、膝の下に丸めたタオルを置く。
そのタオルを下に押しながら膝を伸ばし、伸びきったところで5秒間キープする。
これを5回繰り返す(×2セット、健側は1セット)。
★1)のトレーニングよりも負荷のかかる方法です。
 この方法で膝に痛みや違和感のある場合には、1)のやり方で行いましょう。
3)太もも内側のトレーニング
:膝の間にタオルを挟み、太ももの内側でタオルを5秒間押しつぶす。
 これを5回繰り返す(×2セット)。
★タオルをつぶすとき、太ももの内側に力が入っていることを意識して行いましょう。
ページTOPへ移動
株式会社 Cuore 〒136-0072 江東区大島6-9-12 アプツ大島1F TEL : 03-5858-9098
Copyright(C) 2011 cuore-ojima.com. All Rights Reserve.