クオレ大島はりきゅう院整骨院、江東区、はり、きゅう、鍼灸マッサージ、スポーツマッサージ・コンディショニング、美容鍼灸、訪問治療、訪問マッサージ
クオレおおじま オフィシャルサイト
診療時間
お知らせ コラム リンク お問い合わせ
ごあいさつ 当院の紹介 治療案内 交通事故 訪問治療 料金&取り扱い スタッフ アクセスマップ
HOME 治療案内 【よくある症状・治療例】 年代別症状 学生(成長期)に多い症状 側弯症
【治療の流れ】
【よくある症状・治療例】
●年代別症状

働き盛りの方に多い症状
OAストレス障害
急性期の首・腰の痛み(寝違え・ぎっくり腰)
 
寝違え(急性頚椎症【きゅうせいけいついしょう】)◆
ぎっくり腰(急性腰椎症【きゅうせいようついしょう】)◆
ご年配の方に多い症状
五十肩
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
変形性膝関節症
学生(成長期)に多い症状
骨端症
側弯症
子供に多い症状
肘内障
●季節別症状
●女性特有症状
【美容鍼灸】
【カイロプラクテッィク】
【ボディケアプログラム】
 
【よくある症状・治療例】  ●年代別症状
学生(成長期)に多い症状
側弯症
【側弯症とは】
正面から見た時、背骨は真っ直ぐです。
もし背骨が左か右に大きくカーブしていた場合、その状態を
側弯症と言います。
【原因】
大きく、以下の3つに分けられます。
・原因不明なもの(特発性)
側弯症の方の約80%が「特発性側弯症」です。
これは、原因がよく分かっておらず現段階では原因不明と言われています。
・先天性によるもの(骨障害性)
骨障害性とは、骨の異常から発生したという意味です。
この側弯症は通常、母親の胎内にいる時期に発生します。
脊椎の形に影響を与えてしまいますが、ほとんどの場合は進行しません。
ただし、中には治療を必要とするものもあります。
・他の原因によるもの
神経や筋肉の疾患(ポリオ、筋ジストロフィー、脳性麻痺)、結合組織の異常(マルファン症候群)、脊髄の腫瘍、交通事故などでの脊椎の損傷などによって引き起こされることもあります。
【チェック項目】
・正面から見た時に左右の肩の高さは同じですか?
右        左 右        左
【正常位】 【異常位】
<右肩が上がり、左肩が下がっている状態>
・真後ろから見た時に左右どちらかの肩甲骨が飛び出ていないですか?
左         右 左         右
【正常位】 【異常位】
<右の肩甲骨が飛び出ている>
手前:右        奥:左 手前:右       奥:左
【正常位】 【異常位】
<右腕が短く左腕が長く見える>
・背中が床と平行になるようにお子さんを前かがみにさせてみて下さい。
背中の左右どちらかにふくらみがないですか?
右          左 右          左
【正常位】 【異常位】
<右の背中が盛り上がったように見える>
上記の症状があった場合は、側弯症の疑いがあるかもしれません。
【治療】
<ねらい>
以下の項目を考慮し、身体に無理がかからない方法で治療を行っていきます。
●骨の成長過程
年齢が若い方が骨に柔軟性があり真っ直ぐになりやすい。
●背骨の角度
病的角度が少なければ少ない程、ゆがみが取れやすく捻じれも少ない。
●背骨周辺の筋肉の硬さ
背骨の両脇にある筋肉のどちらか一方が非常に硬くなるためにゆがみやねじれが強くなる。
●年齢
若い方が筋肉の硬さ骨の柔軟性が柔らかく、ゆがみやねじれが取れやすい。
●胸郭(肋骨周り)の左右差
背骨が捻じれる事により、肋骨が背骨の捻じれに伴い左右差が生じ前方に飛び出てくる外観になるのを防ぐ。
●硬くなって動かしにくくなってしまった関節を少しずつ動かすことにより、関節の動く範囲を元通りに修復する
●体操又は運動
規則正しく運動又は体操をする事により、姿勢が良くなり、筋肉や背骨の硬さ、ゆがみの進行を食い止めます。
<治療方法>
治療を施すポイントは2点です。
●筋肉の硬さ
【背中へのマッサージ】
●背骨のゆがみとねじれ
【背骨へのカイロプラクティック(骨格矯正)】
この2点を治療することにより、外観のゆがみはかなり改善されます。
矯正においては、熟練の施術者が行いますので安心して受けて頂けます。
ただ、年齢や性別により早期回復を見込めるものと長期にわたり治療を進めていかなければいけないものがありますので、一度ご相談ください。
ページTOPへ移動
株式会社 Cuore 〒136-0072 江東区大島6-9-12 アプツ大島1F TEL : 03-5858-9098
Copyright(C) 2011 cuore-ojima.com. All Rights Reserve.