クオレ大島はりきゅう院整骨院、江東区、はり、きゅう、鍼灸マッサージ、スポーツマッサージ・コンディショニング、美容鍼灸、訪問治療、訪問マッサージ
クオレおおじま オフィシャルサイト
診療時間
お知らせ コラム リンク お問い合わせ
ごあいさつ 当院の紹介 治療案内 交通事故 訪問治療 料金&取り扱い スタッフ アクセスマップ
HOME 治療案内 【よくある症状・治療例】 ●女性特有症状 産後骨盤矯正
【治療の流れ】
【よくある症状・治療例】
●年代別症状

働き盛りの方に多い症状
OAストレス障害
急性期の首・腰の痛み(寝違え・ぎっくり腰)
 
寝違え(急性頚椎症【きゅうせいけいついしょう】)◆
ぎっくり腰(急性腰椎症【きゅうせいようついしょう】)◆
ご年配の方に多い症状
五十肩
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
変形性膝関節症
学生(成長期)に多い症状
骨端症
側弯症
子供に多い症状
肘内障
●季節別症状
●女性特有症状
【美容鍼灸】
【カイロプラクテッィク】
【ボディケアプログラム】
 
【よくある症状・治療例】  
●女性特有症状
産後骨盤矯正
【産後の骨盤状態と施術目安期間】
妊娠中はリラキシンというホルモンが分泌され、胎児の成長に合わせて、骨盤や全身の靭帯が緩み、赤ちゃんが産道を通りやすくなります。骨盤が開くことは胎児が大きくなるには必要なことですが、関節や骨盤の可動が増加します。

出産直後、約1〜2か月はリラキシンの影響を受けて、骨盤が緩んでいる状態が続きます。
この期間に出産をして開いた骨盤が2ヶ月ぐらいかけて元に戻ろうとします。
その期間を経過すると骨盤や靭帯が元の硬さに近づき、安定期に入っていきます。
出産後はホルモン系のバランスも崩れていますし、出産でのダメージも大きいため、産後の肥立ちが良い方でも子宮が元の大きさに戻る「産褥期」が過ぎた6週目以降、
通常は8週を過ぎてから骨盤矯正を受けるのが体に優しく適切です。

そのため、産後骨盤を整えるのに適した時期として、
産後3ヶ月から施術していくことをお勧めします。
【施術目的】
10ヶ月かけて、鶏卵大から赤ちゃんが過ごすほどに大きくなった子宮を守る骨盤は、出産のために開きます。
そして、産後2ヶ月くらいかけて元に戻ろうとします。
骨盤が開いたままだと身体は内臓を守るため皮下脂肪を蓄え、産後太りの原因になる場合もあります。
また、産後は筋肉の減少などにより、思ったように元に戻らないこともあります。
このような流れで、体質が変化していきます。
この状態を長引かせないよう骨盤周りの筋肉を元のように働かせるために、骨盤を正しい状態に整えていきます。

※産後の方でなくても、受ける事が可能です。
【施術方法】
まず、骨盤の開き具合を測りますので、仰向けになります。
次に計測後、横向きになり軽く膝を曲げます。

この姿勢を取りましたら、骨盤の上からゆっくりと圧をかけていきます。
横向きで左右行なって骨盤を調整していきます。        

左右終わりましたら、再度骨盤の開き具合を測ります。

※圧をかけている際に痛みを感じることがありますが、痛みの感じ方に個人差がありますので、その都度強さも変えていきます。
一人一人に合った圧をかけますので、ご安心下さい。
【計測内容】
右の図の黄色いマークから黄色いマークの間の距離を測っていきます。

緑のマークは、矯正をすることで、骨盤が動いていく方向になります。
【治療頻度】
週に2〜3回を目安に行なっていくことをお勧めします。
週に1回でも可能ですが、骨盤の開きが元に戻りやすい傾向がみられます。
【効果】
骨盤周りのラインがスッキリ見えやすくなる。
入らなかったズボンが入るようになった。
体重が落ちた。
足のつま先の向きが変わった。
など
【施術時間・料金】
7分・¥540
【自宅でのセルフケア】
1.骨盤ベルトを巻く(産後の方のみ)巻く期間→3ヶ月
 
2.ストレッチ
  20秒×3セット(左・右)
@椅子に座って、膝を外に倒すようにして足を組み、上体を曲げていく。
Aやや痛みを感じるところで止めて、そのままの姿勢で20秒維持。

このストレッチは、腰が痛いときなどに効果があります。
3.トレーニング
  10秒×3セット
@椅子に座り、太ももの間にタオル又は座布団を挟む。
A太ももを内側に寄せるように力を入れていく。
Bこれ以上内側にいかないという所でタオル又は座布団が落ちないよう10秒維持。

このトレーニングは、【骨盤底筋】を鍛えることで、骨盤が開きにくくする効果があります。
【骨盤矯正後の注意点】
1.日ごろから姿勢には注意していきましょう
2.座る姿勢も大事なので注意していきましょう。足を組んだり、浅く座って猫背にならないよう気をつけましょう。
3.かばんを持ちかえたり、適度に姿勢を変えるなどして、片側に偏らないようにしましょう。
4.適度な運動を日頃から心がけましょう。骨盤を安定させているのは筋肉ですので、ウォーキングでも良いので身体を動かしましょう。
2014/10/16
ページTOPへ移動
株式会社 Cuore 〒136-0072 江東区大島6-9-12 アプツ大島1F TEL : 03-5858-9098
Copyright(C) 2011 cuore-ojima.com. All Rights Reserve.